本日のにゅーす!
広告

2013年10月21日

ラジオ番組『KちゃんNEWS』 “キザキャラ”ライバル、手越祐也が山田涼介・中島健人にアドバイス!

NEWS小山慶一郎がパーソナリティを務めるラジオ番組『KちゃんNEWS』(文化放送)で、ゲスト出演した手越祐也がHey! Say! JUMP山田涼介にアドバイスを送ったことがファンの間で話題になっています。ことの発端は、山田が「Wink up」(ワニブックス)2013年10月号で、手越のことを“神”だと発言したこと。8月までコンサートツアーで全国を回っていたHey!Say!JUMPメンバーが「コンサートで言うキザなセリフ」について話していました。そこで山田が、

「手越くんが、そういうセリフをまったくテレずに言うって聞いたことあるよ。もう神の領域だって(笑)。どうしたら、そういう心境になれるんだろう。今度会ったらアドバイスをもらおう(笑)」

と、手越を崇めていたのです。曲中に「愛してる」とファンに囁くなど、グループでは“見せ場”を担当することも多い山田ですが、ファンへのアピールに関しては強者の先輩がいました。手越といえばファンに「子猫ちゃん」と呼んでみたり、「オレについて来い」というような恥ずかしいセリフを堂々と発することで知られているだけに、山田も意識せずにはいられなかったのでしょう。

10月15日に放送された『KちゃんNEWS』では、リスナーからの「Hey!Say!JUMPの山田くんが祐くん(編註:手越のこと)のことを“神の領域”だと褒め称えてました」というお便りが紹介されました。これを受けて手越は「オレが神様なんですか?」と苦笑しつつも、「Hey!Say!JUMPでのオレの“推しメン”は山田くんよ。絶対もっとスゴくなると思う」と、自信たっぷりに言い切ります。小山によれば、手越は雑誌に載っている山田を見て、いつも「かわいい」と言っているそう。神様・手越に認めてもらっていたというのは、山田にとってはうれしい発言。

そこで小山が「神の祐くんからしますと、今後の心得というか……」と振ると、「山田くんって、いま二十歳くらい?」と、なぜか山田の年齢を確認する手越。その上で、

「常に感謝の気持ちを持って、ファンを自分が最大限サービスして“幸せにしてやろう”って気持ちをずっと思い続けたら、それがもう自然になって、ぶっ飛んでいくと思います!」

と、手越流のアドバイスを送りました。そして、今後コンサートやラジオでファンにメッセージを送る際の言葉を提案することになり、「山田くんのキャラを考えて」とのオーダーに手越は……

「ねえ、もうこのラジオ終わったら寝ちゃうんでしょ? じゃあ、寂しくないように、このラジオ終わったら10分以内にお前の横に多分オレいるから、一緒にラブラブしような。待っててな。おやすみ」

と、お手本の甘い囁きを披露! 先に年齢を確認していたのは、過激な言葉を想定してのことだったのでしょう。山田が成人していたとわかったからこそ、“ラブラブ”という刺激的で生々しいワードをチョイスしたのかもしれません。

「さあ、山田くん、この神の言葉を受けてどうするかはあなた次第ですから。うちの神、なかなかこういう助言しません。後輩との絡みもそんなにないですから。山田くん、ぜひこれをやっていただきたい。この言葉、大事にして欲しい」(小山)
「オレ山田くん推してるから。絶対かっこよくなるもん。だって山田くんかっこいいから。大丈夫っスよ」(手越)

と、2人は山田がこのセリフを自分のものにしてくれることに期待を込めていました。

続き・・・“キザキャラ”ライバル、手越祐也が山田涼介・中島健人にアドバイス! | ジャニーズブログ

posted by net3 at 02:10| 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。