本日のにゅーす!
広告

2013年10月21日

深夜『A.B.C-ZのイエナイYO!』で「勝手すぎるよね」温厚な滝沢秀明が、A.B.C-Z五関晃一に激怒!? |

クリックすると新しいウィンドウで開きますクリックすると新しいウィンドウで開きます

10月15日深夜に放送された『A.B.C-ZのイエナイYO!』(日本テレビ系)。この番組はA.B.C-Zが人々の言えずにいる怒りや悩みを代弁するドキュメントバラエティ。持ち前のアツさで問題を解決していくA.B.C-Zですが、実はメンバー1内気な五関晃一にも言えずにいることがあるそう。その言えない相手とは、先輩・今井翼と滝沢秀明。これまでタッキー&翼のバックダンサーを務め、ジャニーズJr.時代からダンスを教わり、2人とは長い付き合いのA.B.C-Zですが、五関は放送1カ月前のアンケートでとんでもない事実を告白していました。

なんと五関、「翼くんから『地元一緒だよね』と話しかけてもらった時に、本当は違うんだけど『はい!!』と言ってしまった」そうなのです。今井と五関は、広く言えば地元が同じ。しかし利用している駅は異なるため、今井の地元トークがなにひとつわからないのだとか。それなのに今井から「あの店まだあるの?」と聞かれると、「あります!」と返すなど、Jr.時代から「ずっとそんな感じで騙してきた」らしいのです。

これを本人に打ち明けるべく、五関、橋本良亮、戸塚祥太が今井の元へ。戸塚が「翼くんは、うちの五関と仲は良い方ですか?」と尋ねると、早速「地元が近いという部分では常に親近感を感じてる」と返す今井。ここで五関が意を決して「(翼くんは)地元の詳しい話をしてくれてたんですよ」「それに僕、受け答えしてたんですけど、すいません。どれひとつわからなかったです」と半笑いで打ち明けると、「いわゆる社交辞令として?」と今井は表情を固くします。このVTRを見ていた河合は思わず「うわー! 怖い怖い怖い怖い!」と戦々恐々。が、今井が続けたのは「……それだけ(笑)?」「全然詫びることでもないし、全然気にすることない。そんなん(相手に話を合わせることは)僕だってありますよ」との優しい言葉。五関は声を裏返しながら「良かった〜、怖かった〜」と笑顔。15年もの間ウソにウソを重ねてきた五関。自分が撒いた種とはいえ、胸のつかえが取れて良かったですよね。

また、滝沢には「そろそろ真ピンクの衣装はキツイのでは?」と言いたいという五関。特に『愛の戦士 TAKIレンジャー』の衣装については「(戦隊モノは)普通レッドだよ。そこをピンクでいっちゃうっていうのが。相当(ピンクが)好きなんでしょうね……」と呆れ気味。この本音をぶつけるべく、滝沢の雑誌撮影現場を訪れた五関と戸塚。五関は1人で滝沢の控え室に行き、「『タキレンジャー』はなんでピンクにしたんですか?」と単刀直入に尋ねます。すると「アイドルはピンク着るじゃん。ジャニーズの赤レンジャーは、ピンクだと思うんだよね」とサラッと名言を放つ滝沢。それに対し「31でしたっけ? 滝沢くん。30過ぎたんで、そろそろ衣装で真ピンクはキツイんじゃないかなと思って」と本題をぶっ込む五関に「年齢関係ないよね、ピンクは」と滝沢。ちょっとビビった五関は「僕の本当に勝手な……」と言い訳を始めるも、滝沢はかぶせるようにして「いや勝手すぎるよね。ピンクぐらい着るでしょ!」とご立腹の様子。

とここで、戸塚がカメラと共に控え室へ行き、ネタばらし。実はこれ、グループ内ではピンク担当の戸塚が五関のアンケートに怒り、滝沢協力のもと仕掛けたドッキリだったのです。五関の発言について滝沢は「別に嫌な気分はしない」と優しさを見せ、「これからもっともっと(ピンク)着ますよ!」と宣言。さて、いつまでピンクを着てくれるでしょうか?

また奇抜な外見で強がる大学生が、大学の人気者に「仲良くなりたい」と打ち明ける場面では熱血漢の塚田僚一が大活躍。人気者への嫉妬心が強く「仲良くなってもいいし」などと上から目線で話す大学生に対し、「そういうことじゃないんだよね。素直に『仲良くなりたい』って言ってたじゃん。言い方違うよね?」と厳しく言って聞かせたのです。ゲスト陣からは「塚ちゃんやるなぁ!」と褒められますが、「自然とポッと、『違うだろ!』っていう。三浦くん(編註:強がる大学生)のためになににもならない」と、塚田はあくまでも平常運転。大学生はこの企画によって大きく変わったに違いありません。

 

続き・・・「勝手すぎるよね」温厚な滝沢秀明が、A.B.C-Z五関晃一に激怒!? | ジャニーズブログ

posted by net3 at 01:38| 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。